FC2ブログ
モノクロ修行の経過記録的ブログ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何だか良く分からない試行錯誤
紅辛夷(ベニコブシ・ベニシデコブシとも?)なんですが、なぜにこのショットを選んだんだ!
まぁ、こんな試行錯誤があって色々と得るものがあるんですよ。私的には^_^;
完全な失敗作ですが、経過記録ですからね。全部出しますよ(笑)

スポンサーサイト

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

カタクリ山に陽は落ちて
LUMIX LX2でモノクロにチャレンジしたことは何度かありましたが、カタクリは初。
チョット風景的に撮ってみました。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

早春の妖精モノクロ
カタクリのショットが続いて申し訳ありませんが、私は生粋のカタクリストです。ご容赦下さいw
このショットは「絶対にカラーだ」と思ったからこそモノクロに挑戦。 見事にあたって砕けました(笑)
「作品」というよりも、モノクロにチャレンジする試行錯誤の過程。習作です。
何時かこういう柔らかいイメージのモノクロがものに出来るようにならないかなぁ。。。
未だにできていない( ̄▽ ̄;)

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

片籠百合(カタカゴユリ)
片籠百合(カタカゴユリ)と言うのはカタクリの古名で、単純にモノクロにしたから古い名前を持ち出したわけではなく、カタクリは見方、撮り方によって「カタクリ」であったり「片栗の花」であったり、はたまた「片籠百合」であったり「春の妖精」であったりすると思うのです。
この作品の場合は「片籠百合」だと。そんな感じです。
本家でも載せたカタクリの雑学集を載せておきます。

★片栗雑学集
片栗の名の由来は、古名である「片籠(かたかご)」が語源のようで、これは「傾いた籠」を意味する言葉のようです。籠のような花が傾いて咲く姿から付いたのでしょう。
片籠百合(カタカゴユリ)と呼ばれ、それが訛ってカタクリとなったと言う説もありますが、小さな百合を意味する「かたこゆり」から来ているとも言われます。
カタクリの別名をカタコとしている書物もありますね。
また、万葉集には「もののふの 八十乙女らが 汲みまがふ 寺井の上の 堅香子の花」という歌があり、この中の「堅香子」がカタクリのことではないかとも言われています。

カタクリは雨の日や寒い日、夜などは花を閉じています。
開く気温は12℃程度と言われていますが、カタクリ山では経験上もう少し低い気温の日でも開いています。ただし閉じている花も多く、開き方も少ないように感じます。
広葉の甘菜(ヒロハノアマナ)も同じような習性ですね。

カタクリの花の中心にある模様を蜜標と言いますが、これは一輪一輪全て違います。
虫たちに「蜜はココにあるよ」と分りやすくするためと言われていますが、ただ綺麗ですw
地域によって蜜標が全く無い場合もあるようで、また一味違った姿を見せてくれます。
色も微妙に違っていて、淡い紫のものや濃い紫もの、赤みがかっているものや青みの強いもの、そんな表情の違いが楽しめるのもこのカタクリの魅力なのかもしれません。
私はまだ出会った事がありませんが真っ白な花の白花片栗(シロバナカタクリ)もあるそうで、是非出会ってみたいですね。足助の飯盛山にあるとの噂も聞くので機会があれば。
園芸種には黄色い花を付ける黄花片栗(キバナカタクリ)もあります。

よく「カタクリって片栗粉のカタクリですか?」とl聞かれますが、昔は片栗粉はカタクリの鱗茎(りんけい・球根のこと)から取っていたので片栗粉と言います。
今は人が群がるカタクリも昔はありふれた花だったんですね。
今、普通に手に入る片栗粉のほとんどはジャガイモなどの澱粉(でんぷん)です。
カタクリの鱗茎からとった片栗粉もまだ少数あるようですが、今では非常に高価です。

地域によっては絶滅危惧種にもなっているカタクリですが、決して生命力や繁殖力が弱いわけではなく環境さえ整えば驚くほど群生する強い植物です。
手付かずの大自然を保護するのも結構ですが、多様な生命を育む身近な里山の雑木林を復活させなくてはね。カタクリたちはそれを教えてくれているような気がします。

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

カタクリとイチリンソウ
修行の一環として絶対にカラーだと思う画像を敢えてモノクロに。
経過記録ですから上手く行ってないショットも載せますよ、えぇ。(笑)

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

モノクロ片栗マクロ
カタクリの等倍マクロをモノクロに。
こういう感じのショットはモノクロには向かないだとうと思っていましたが、それを試す意味でもモノクロに。習作です。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

楽しい思い出
保育園の卒園式の日に撮ったショット。自分の子のじゃないですがw
何となくノスタルジックな感じにしたくて。
この頃はモノクロを真剣にやってみようと思いはしたものの、やはり一筋縄ではいかず悶々と試行錯誤の真っ只中。そんな感じです。

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

もう一つの愛機
私のもう一つの(カメラ以外の)愛機。Moonのジャズベです。
バーズアイメイプルのネックにブラジリアンローズウッド(ハカランダ)の指板、フレイムメイプルトップにアッシュバックのボディにバルトリーニのピックアップ。
アクティブとパッシブを切り替えて使えますが、基本的にはパッシブで弾くのが好き。
モノクロをやり始めたら被写体の幅も広がったような、、、

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

モノクロ習作、金網と桜
これもカラー用のショットをSILKYPIX Developer Studio 3.0でモノクロ現像し直したもの。
金網に引っ掛かった桜です。
フィルム時代はコスト的にモノクロに二の足を踏んでいたのですが、デジタルになってモノクロに挑戦し始めたと言う話は先にもしましたが、今のデジタルの撮影ペースは平均すると月に700枚程度、フィルム代と現像代で1枚辺り50円かかるとすると、フィルムなら月に35,000円、年間で40万円以上かかる計算に。。。
怖いですねぇ(笑)

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

モノクロ片栗
これも地元豊橋市のカタクリ山の片栗の花です。
カラー用で撮影したショットですが、光の感じが良かったのでモノクロでも現像してみようとチャレンジしたもの。現像習作です。
SILKYPIX Developer Studio 3.0のカラー設定はモノクロ1とモノクロ2しかないのですが、フィルム調Kなどを彩度0にしたりしながら自分なりの設定を模索していました。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

モノクロ片栗
ど地元にある豊橋市のカタクリ山にて。この辺りから結構真剣にモノクロに挑戦し始めています。
と言うのもPHOTO-YARDのショウさんが「モノクロで撮る春の花」というテーマのトラックバック企画を開催して頂いたので、それに参加しようと自分なりに挑戦を始めたわけです。
こういう色の花はモノクロには難しいとは思いつつも、やっぱりカタクリストとしては春花と聞いて片栗を外すわけには行きません(笑)

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

広葉の甘菜(ヒロハノアマナ)
夕暮れに斜光で広葉の甘菜(ヒロハノアマナ)を。
もとはカラー用で撮影したものをSILKYPIX Developer Studio 3.0でモノクロに再現像したもの。
モノクロ現像の習作です。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

冬休み
街角と言うか、こういうスナップは一眼では撮った事がなく、ルミックスLX2があればこそと言うような感じ。
実はこのショットは「ノスタルジックな風景=モノクロだぁ」と安易にモノクロ現像したものの、やはりそういう根性では長年やってきたカラーに及ぶわけも無く、、、
本家では失敗例として紹介したショットです^_^;
まだまだ本気でモノクロに挑戦しているわけでは無い感じですね。
現像はSILKYPIX Developer Studio 3.0。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

水仙(スイセン)
LUMIX LX2を手に入れて、RAW現像にSILKYPIX Developer Studio 3.0が常用ソフトとして定着して、LX2のモノクロが楽しくなってきて。
そんな頃のショットです。
ただ、まだまだモノクロで撮ろうと言うよりは撮ってみてモノクロに良さそうとかカラーで上手く行かないからモノクロにしてみよう(要するに色はイマイチだけど光やトーンは良い感じ)とか、そういうレベルです(。-_-。)/

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

Foot
タクトンの足です。それだけです。
実はこのショットはLUMIX LX2での初モノクロショット。
LX2はこういう写真を撮りたくさせてくれるんですよ^^
キスデジだったら撮らなかったでしょうね、多分。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

生無きもの
ついさっきまで元気に走り回っていたであろう野鼠。
彼を突然の死に至らしめたのは自然の摂理、、、と言うか我が家の猫ちゃんなのですが、もうどんなに願っても彼がまた走り出す事はありません。
本家の「生と死と自由と」でも書いたのですが、「生」と「死」そして「自由」と言うのは私の写真のテーマでもあります。
「生」を撮るには「死」と言うものにも挑戦しなければならないのですが、花の散り姿や枯れ姿ならまだしも動物などの「死」と言うのをカラーで表現するには難しいと言うか、モノクロの方が伝えたいものだけが伝わるような気がすると言うか、、、

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

暖かな冬
フィルム、デジタル通じてモノクロで初の人物。モデルは息子ですが^_^;
試してみたかったと言うのが本音です。
今思えばただモノクロにしただけ、、、難しいです。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

綿毛
キク科の植物の綿毛だと思います。
この頃はまだ「モノクロを撮ろう」と思って撮っているというよりは、撮った後で「あっ、これモノクロに良いかも」と言うような程度で撮ってます。
現像はSILKYPIX Developer Studio 3.0。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

熱帯のジャングル?
多分セイタカアワダチソウの若芽か何かだと思うのですが、まるで熱帯のジャングルに生える木々のミニチュアのように見えたので空撮風に。SILKYPIX Developer Studio 3.0による現像です。
モノクロでコントラストを思いっきり高めた方がそう言う雰囲気になるかと思ってやってみたのですが、まぁお遊びと言うか試行錯誤と言うか(笑)
まだまだモノクロは気まぐれやお遊びの範囲でやっていました。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

波斯菊(ハルシャギク)
まだまだデジタルでの表現を模索中の頃のショット。
1枚の画像を鮮やかクッキリ系で現像してみたり、落ち着いたシットリ系で現像してみたり、複数のRAW現像ソフトで現像してみたり、もちろんカラーとモノクロ両方試してみたり。
これは今の私の常用ツールとして定着したSILKYPIX Developer Studio 3.0を使用したショット。
モノクロだとついついコントラストを高めにしてしまいがちですが、こういうシットリ系も好きで、SILKYPIXだとそれも思いのままに。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

マメグンバイナズナ(豆軍配薺)
マメグンバイナズナと言う帰化植物ですが、小さなナズナが枝分かれしたような可憐な花です。
まだまだこの頃はフォトショップでモノクロ化してます。
ノイズも加えてみたりして雰囲気を出そうと試みてますが、、、微妙^_^;

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

シジミバナとモンシロチョウ
早朝、朝露の影響か羽化直後であったのか、シジミバナにつかまって動こうとしないモンシロチョウが1匹。
朝の光線に輝く姿が美しくて。
この頃はまだ撮ってみてから「あっ、これモノクロにしたら面白いかも」って程度でした。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

梅モノクロ
デジタルとしては初のモノクロ化したショット。
フォトショップでの加工で、単純な彩度落しではないです。
JPEGベースですが結構色々いじってます。

テーマ:モノクロ - ジャンル:写真

ブログdeフォトコンテスト管理人のカカオです。
FC2の管理画面のベータテスターを募集されていたので、前々から作りたいと思っていたモノクロ写真専用ブログをこの機会に作ってみました。
このブログは私のモノクロ修行の経過記録的に作品をアップすることが目的のブログです。なのでアップするのは基本的にモノクロ写真が中心です。
今のところカラーの作品の方が圧倒的に撮る頻度が高いので、更新は不定期になると思います。気が向いた時に覗いてやってください。

本家でも書かせて頂いたのですが、私はカメラを始めてから十数年。フィルムの時代もずっとカラーで撮っていました。
実を言えば愛機Nikon FM2にモノクロフィルムを入れた事も何度かあったのですが、あまりのイメージとの落差に「何本フィルムを無駄にすればモノにできるんだ?」と、当時学生で自由にできるお金にも制限の多かった私には敷居の高いジャンルだったんです。
それがデジタルになってカラーで撮っておいても(コスト的に)簡単にモノクロ化できるようになって、少しずつ自分の作品でもモノクロに挑戦してみようかなと。
PHOTO-YARDのショウさんにもTB企画でキッカケを頂いたりして。

そんなこんなでモノクロにチャレンジし始めたカカオのモノクロ挑戦記、、、と言うほどの事もありませんが、FM2にモノクロフィルムをセットできる日を夢見て。子供にお金がかからなくなる頃までには(笑)

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2007 カカオのモノクロ挑戦記 all rights reserved.
プロフィール

カカオ

  • Author:カカオ
  • ブログdeフォトコンテスト管理人のカカオです。モノクロ写真の修行経過記録的なブログですが、宜しければどうぞ。
    基本的にモノクロ中心です。本家ではアップしていない画像もあるかも。

カテゴリー
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
最近の記事
最近のコメント

最近のトラックバック

RSSフィード
Page View

リンク
スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。